こころのメッセージ

ピンクリボンこころのメッセージ第1集・改訂版

2009年10月20日発行しました!
定価:1,000円(税込)
購入ご希望の方は、J.POSH事務局にお申込下さい

内容
1. 体験記
(お父さん・ご主人・娘さん・息子さん・患者さん)
2. こころのケアQ&A集
(ご主人の悩み、娘・息子の悩み、親の悩み、患者さんの悩み)
3. 情報コーナー
(がんと家族、育児、家事、保険制度等)
ピンクリボン こころのメッセージ第1集・改訂版

「ピンクリボン こころのメッセージ」第1集改訂版発刊にあたり

このたび「ピンクリボン こころのメッセージ」第1集改訂版を発刊させていただくことになりました。
第1集を製作いたしました当初は、どのような反応があるのか予想もつきませんでしたが、とにかくいろいろな方々に乳がん患者さんや、特に患者さん家族の生の声を聞いていただきたかった、という一念で製作をしました。
結果は、おかげさまをもちまして大きな反響いただき増刷の上、さらに完売となりました。

第1集を2008年7月10日に発刊いたしましたが、以来1年という月日が経ちました。
この1年の間にJ.POSHはたくさんの人に支えられ様々なプログラムを行ってまいりました。
その中でも"J.POSHピンクリボン キッズ・ファミリープログラム"は私どもJ.POSHが最重要活動のひとつに掲げているもので、これは患者さん家族のこころのケアを目的としたものです。

この「ピンクリボン こころのメッセージ」はこの"J.POSHピンクリボン キッズ・ファミリープログラム"の中から生まれたものです。
この1年という期間は私たちにとっては短くもまた長くも感じられるものでしたが、常に喜びに満ちたものでした。
多くの方との出会う喜び、出会って感動を分かち合える喜び、時としてともに涙する喜びさえありました。

そんな新しい喜びの中で、誰ともなく声を出し、手をあげて、乳がんで困っているいろいろな人のためにもっと役に立てようと、こころのこもった意見や気持ちが集められ、この第1集改訂版が完成しました。

この書をお読みいただき、こんなにも同じ思いの人がいたんだ、自分にも解決の糸口がなにか見えたような気がする、自分は一人じゃないんだ、だから頑張ろう、と思っていただければ幸いです。
そしてそんな思いを次の世代へ伝えていただければありがたいです。

"for the future generation"

ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

ピンクリボンこころのメッセージ第1集(完売)

定価:1,000円(税込)

内容
1. 体験記(お父さん・ご主人・娘さん・患者さん)
2. こころのケアQ&A集(ご主人の悩み、娘・息子の悩み、親の悩み、患者さんの悩み)
ピンクリボン こころのメッセージ第1集(完売)

「ピンクリボン こころのメッセージ」第1集 発刊にあたり

私どもJ.POSHでは活動の目的のひとつとして患者さんならびに患者さんご家族のこころのケアを行っております。
"J.POSHピンクリボン キッズ・ファミリープログラム"や"お父さんネットワーク"などがそれです。
このプログラムには、今まで乳がん患者のお子達やご主人、ご両親、友人、などなどたくさんの方に参加していただきました。
涙あり、笑いあり。でも、参加された当初は暗くまた少しおびえた気持ちで来られた方もお帰りになるときには、本当に笑顔で帰っていかれるのを拝見して「やってよかったな」「またがんばろう」と私たちJ.POSHのメンバーやサポーターの皆様によるボランティアスタッフが逆に元気をいただいています。
ほんとにこれらの運動を通じて多くの方とお会いし、お話をお聞きし、多くのことを学ばせていただきました。
そんな中、私たちがたびたび感じましたのはみなさまのお気持ちのなかで、乳がんについていろいろなことを知りたいという思いと同じ乳がんの体験をされた方と会って話をしたい、話を聞いて欲しい、気持ちを分かち合い共感したいという思いが強いということでした。

そこで、J.POSHではこれらのご希望にお応えできるひとつの方法として"知識に対しては乳がんについてのQ&A集"を"共感に対しては患者さんならびにご家族よりご寄稿いただきました体験談集"をそれぞれ編集・刊行しようと思いました。
みなさまに読んでいただくことによって少しでもお役に立てることを願っています。
今回は第一回目の試みですがみなさまからのご意見を取り入れながら、第二回以降も刊行してゆきたいと思っています。

最後に、乳がんは乳がん患者さんだけでなくそのご家族、ひいては社会全体に暗い影を落とすものです。
これらの小冊子が暗闇の中にささやかなる光明を見出せるきっかけとなりみなさまに少しでもお役に立てればと衷心より願う次第です。
またこの活動を通じて私たちJ.POSHは私たちの今の世代だけでなく、子供たちが担う次の世代にも乳がんで悲しむことのない世の中を造りたいと念じております。

"for the future generation"

ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。