• トップ
  • J.POSHとは
  • J.POSH概要
  • 理事長あいさつ

認定NPO法人J.POSH 理事長からのごあいさつ

私が長い間こころのなかで思いつづけ、わたくしの仲のいい友達が集まって始めることができましたこの運動は、わたくし自身が、乳がんの患者さんを知る医師であるとともに、たったひとりの姉を乳がんで亡くした患者の家族であったからです。

乳がんになられた患者さんにふだんの生活のなかで接する方は、あまりおられないかもしれません。
ですから、乳がんを取り巻く状況がどんなものであるかは、あまりピンとこないかもしれません。
しかし今、乳がんが増え続けていて、女性の癌の中で一番多い現実からすれば、案外他人事ではないかもしれません。

癌の告知を受けたその日から、乳がんの患者さんは、想像を越える絶望感や悲壮感にさいなまれ常に悩み、常に死に対する恐怖心と闘わなくてはなりません。
患者さんの家族にとっても、辛く重くるしい日々が続きます。
しかし、医療の現場では、体は治しても心のケアーができる体制は、残念ながら未熟と言わざるを得ません。患者さんは、いまでもひとりぼっちなのです。

私の姉は、46才の時に乳がんを発病し、49 才の時にこの世を去りました。短い人生でした。
姉は、聡明でやさしく、頼りがいのある人でしたが、後には夫と二人の息子が残されてしまい ました。
他の乳がん患者さんの家族の方と同様に、姉を亡くした後は、私を含めて家族のみんなのこころには、悲しさと空白感と寂しさが残りました。家族もまた深く傷ついたのです。

私は思いました。
もし、姉や患者さんの乳がんがもっと早く検診で見つかっていたら!
もし、患者さんが、体も心も安心して、ゆだねられる医療の場があったら!
もし、乳がんで親を亡くした子供達が、元気になれたら!
私と 私の仲間は、この"もし"を"ほんとう"に変えるため、この日本で、ピンクリボン運動を始めました。

私たちは"微力"ですが、頑張ります。
みなさまのご理解とエールをください。きっと"おおきな力"になります。
この"おおきな力"が、必ず私たちの次の世代を救うと思っています。

For the future generation!
よろしくご支援のほど、お願い申し上げます。

認定NPO法人J.POSH(日本乳がんピンクリボン運動)
理事長 乳腺専門医 田中完児