乳がんQ&A

乳がんとは

Q1. 乳がんになる女性が増えた原因は
食生活の変化(高タンパク、高脂肪食の摂取増加など)、女性の生活環境の変化(初潮年齢の早期化、晩婚化、少子化、初産年齢の高齢化など)などが原因と考えられています。
Q2. 乳がんにかかりやすい人は
閉経後の肥満、喫煙、過度のアルコール摂取、早い初経、遅い閉経、初産年齢が高い、出産数が少ない、授乳経験が少ないことは乳がんになりやすいといわれています。
Q3. 妊娠中、授乳中の乳がんについて
一般に妊娠の継続や出産・授乳が、がんの進行や再発に影響することはありません。担当の乳腺専門医や産婦人科医とよく相談のうえ、治療方針を決める必要があります。
Q4. 男性は乳がんにならないの?
男性の乳がんは、女性と比較して100対1の割合での発症といわれています。
Q5. 遺伝性乳がんについて
乳がんの5~10%は遺伝性であるといわれています。近い血縁の二人以上が乳がんである、若年乳がん、両側性・多発性乳がん、男性乳がんなどでは遺伝性乳がんの可能性があります。遺伝子の検査で遺伝性乳がんが疑われる場合にはそれに合わせた治療や検診が行われます。
Q6. 乳がん治療方法は?
手術には乳房温存術と乳房全切除術があります。また乳房の膨(ふくら)みを新しく造る、乳房再建手術もあります。手術後に放射線治療を行うこともあります。乳がんにはいろいろなタイプがあり、それぞれにあった抗がん剤治療、ホルモン治療、分子標的治療を手術の前後に行います。