マンモQ&A

マンモグラフィーに関するよくあるご質問をまとめました

Q1. マンモグラフィー、マンモグラフィー検査ってなに?
マンモグラフィーは、乳がんを診断する方法のひとつで、乳腺・乳房専用のレントゲン撮影です。マンモグフィー検診は、このマンモグラフィーを使った乳がん検診のことです。
Q2. どうやって撮影するの?
乳房を挟みながら圧迫して、上下方向から1枚、左右方向から1枚(合計2枚・両方の乳房を撮影する場合は合計4枚)撮影します。でも、圧迫したからといって、乳房の中のがんが飛び散るようなことはありません。
Q3. どうして圧迫しなければいけないの?
乳房を圧迫しながら薄く均等に広げます。こうすることによって、少ないレントゲンの量で乳房の中をより鮮明に見ることができます。
Q4. 痛いの?
挟むことにより、痛みを伴うこともありますが、これは病気を見つける上でとても大切なことです。
Q5. 放射線(レントゲン)撮影って、からだにとって危険じゃないの?
マンモグラフィー撮影の放射線が人体へ及ぼす危険性は、ほとんどありません。
一回の撮影で乳房が受ける放射線の量は東京―ニューヨーク間の飛行機の中で受ける宇宙からの自然の放射線量の約半分です。
また、マンモグラフィーで受ける放射線の量(1~3ミリグレイ)は妊婦のお腹の中の胎児が、(奇形などの)影響を受ける量(100ミリグレイ)に比べると、はるかに少ない量ですし乳房はお腹から離れているので、さらに影響は少なくなります。
Q6. マンモグラフィーで何がわかるの?
触っても判らないような早期の小さな乳がんは勿論、しこりを作らない乳がんを白い影(腫瘤影)や非常に細かい石灰砂の影(微細石灰化)として見つけることができます。
悪性の病気だけでなく、良性のものも見つかります。
Q7. 視触診や超音波検査(エコー)じゃだめなの?
視触診も超音波検査も、乳がんを調べる大切な方法です。
マンモグラフィーを視触診と併せて行った乳がん検診は視触診だけの検診や超音波検査を併用した検診に比べて、2~3倍の乳がんの発見が可能です。
Q8. 生理との関係は?
生理前には、ホルモンの関係で乳房が張って痛むことがあります。
できれば、マンモグラフィー検査は生理が始まってから2~3日目以降に受けられるのが良いでしょう。
Q9. マンモグラフィー検査はどのくらい(回数・頻度)受ければいいの?
マンモグラフィー検査は、できれば視触診と併せて最低2年に1度、できれば1年に1度受けるようにしましょう。
Q10. マンモグラフィー検査はどこで受けられるの?
詳しくは、HP「全国マンモグラフィー機器設置病院」をご覧下さい。
Q11. 早期発見の経済効果は?
A11. 早期で発見され治療を受けられた場合は、進行した乳がんの治療に比べ費用負担も少なく、経済効果も大きいです。下記の表は早期発見された乳がんの治療と進行した乳がんの治療との費用負担を比較した例(健康保険3割負担時)です。
超早期で発見された場合は、手術・放射線のみで済む場合もあります。逆に転移・再発をするとさらに出費が必要となります。

乳がん治療費例<公的医療保険適用分> (2013年10月現在)

  総額 自己負担分
(3割負担)
手術療法(10日間入院) 約65万円 約20万円
放射線療法(25回) 約30万円 約9万円
化学療法・AC+T(6ヵ月間) 約70万円 約25万円
ホルモン療法・抗エストロゲン剤(5年間) 約85万円 約26万円
LH-RHアゴニスト製剤(2年間) 約135万円 約40万円
トラスツマブ(1年間) 約254万円 約76万円
約639万円 約196万円