• トップ
  • 乳がん検診
  • 自己検診の仕方

自己検診の仕方

自己検診

乳がんは自分で発見できる数少ないがんの一つであり、自己検診が大切です。月に一度は自己検診を行ってください。
閉経前の人は、乳房の張りが少ない月経終了後1週間くらいの間に行ってください。閉経後の人は毎月、日にちを決めて行いましょう。
鏡に向かい、乳房の変形や左右差がないかチェックする。仰向けになって外側から内側へ指の腹を滑らせ、しこりの有無をチェックするとよいでしょう。

  • 4本の指で「の」の字をかくように触る

  • 頭の後ろで手を組み胸の筋肉を緊張させて変化を調べる

  • 乳頭から、分泌物が出ないか調べる

  • 仰向けに寝て触ってみる